おもちゃを上手に保存する方法

コレクションにするものは基本的に未開封のままで保存しよう

本物のコレクターにとっては、おもちゃ類は”外箱も含めて商品”という考えがあります。もちろん箱から出さねば遊ぶことのできないジャンルの商品や組み立てないといけないプラモデル類はその例外かもしれませんが、フィギュアなどはそういった保存状態ととる場合がほとんどです。それは何故かというと、フィギュア類は箱から出さずとも正面が透明になっていてそのまま鑑賞できるようなものがほとんどですし、開封することによってその商品の価値が下がってしまうからなんです。また、箱に入ったままの方が統一感がでて並べやすいというような意見もあります。
どうしても開封したい商品の場合は、開封用と保存用の2つを購入するといった方法をとることをオススメします。

開封したものは日焼けや汚れに十分注意しよう

開封した商品をそのまま部屋の中に飾っておくと日々傷んでいってしまいます。日の当たる場所に置いておくともちろん徐々に日焼けしていってしまいますし、埃もついてしまいます。喫煙者のいる部屋に置いておくとさらに状態は悪化しますし、これは多くの人が気付いていないことでしょうが、電気の光でも色褪せていってしまうんです。
ですから、開封したおもちゃ類はなるべく日の当たらない場所で保管しておくことをオススメします。使わないものは出しっぱなしにしないで押し入れなどにしまっておいた方が良いですし、フィギュアなどを観賞用としてコレクションする場合は、必ずUV対策のされているコレクションケースなどに入れて保管するべきですね。

鉄道模型の買取は現在では人気のサービスとなっており、多くの方が利用しています。満足出来る価格で買取をしてもらえます。